スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) スポンサー広告

化粧水の種類



化粧水には大きく分けて4つの種類があります。

 通常、化粧水といえば一般化粧水です。

 洗顔後に使用して肌のみずみずしさを保ち、水分の蒸散を防ぐことを目的としています。

 成分の8割が水で、1割のアルコール成分と保湿のためのグリセリン、乳化剤や香料を配合して作ります。

 敏感肌対応のノンアルコールの化粧水もあります。

 次にアルカリ性化粧水です。

 大半の化粧水は、中性もしくは、弱酸性ですが、ごく少数でアルカリ性化粧水があります。

 あかぎれ、ヒビなどに効果のある化粧品で、ベルツ水が代表的です。

 グリセリンやアルコール、水酸化カリウムが配合されています。

 長期間の使用によっては肌に負担がかかり皮膚が薄くなることがあるので注意が必要です。

 収斂化粧水は酸性の化粧水で、収斂剤の作用によって肌理を整える効果があります。

 強い酸性化粧水の場合は小じわを作ることがありますが、皮脂の流れを一時的に押さえて脂性肌の改善に役立ちます。

 拭き取り化粧水はフレッシュナーともいわれ、コットンなどに含ませて皮膚を拭うように使用します。

 洗顔目的で使用することもありますし、薄化粧や使用後のコールドクリームなどを洗い落とす目的でも使えます。

 拭き取り化粧水は、場所を選ばず手軽に使えるという特長もあります。
スポンサーサイト


2008/02/11(月) 美容健康 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://ybiyou.blog42.fc2.com/tb.php/18-e028172e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。