スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) スポンサー広告

ニキビの出来る原因



にきびには大人ニキビや思春期ニキビなどいろいろありますが、原因も様々です。

 よく耳にする「生理前ニキビ」の出来る原因として考えられるのは、女性の体内ではエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンのバランスが生理周期によって変化していることが関係しています。

 プロゲステロンは、妊娠や出産などに関係する大事なホルモン
ですが、皮脂の分泌を増加させ、角質を厚くするなどの働きも持っています。

 このプロゲステロンが多くなりすぎることで、排卵が終わってから次の生理までの間はニキビができやすくなるのです。

 こういった原因以外にも、ニキビができる要因はあります。

 生活環境において日々のストレス・食品添加物に含まれる有害物質・お酒・喫煙などの刺激物が要因で解毒作用が弱まることです。

 ストレスや飲酒・喫煙によって解毒作用が弱まった体は抵抗力が落ちて菌に対する抵抗力が低くなり、黄体ホルモンが壊されにくくなります。

 黄体ホルモンを壊す力が衰えることで、皮脂が過剰に増えやすくなるのです。

 体内に毒素が溜まるとニキビが出やすくなるので、便秘もニキビの原因になります。

 処理しきれない毒素が皮膚表面でニキビという形で出てくるのです。

 また、間食などで甘いものをたくさん摂りすぎると、菌に対する抵抗力が落ちる原因になります。

 また、ニキビが悪化する原因には、紫外線によるアクネ菌があります。

 この菌によって肌の保湿成分が衰えて調子が悪くなり、ニキビが出てくるのです。

 ニキビを解消するには、肌のケアはもちろんですがきちんとストレスを解消し、規則正しい生活を送ることも重要なポイントです。

スポンサーサイト


2008/02/12(火) 美容健康 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://ybiyou.blog42.fc2.com/tb.php/19-0720cb45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。