スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) スポンサー広告

思春期のニキビ



色々な要因があいまって、思春期のニキビが発生します。

 皮脂腺が活発になる原因の一つに男性ホルモンがあります。

 性別は関係なく、思春期には男性ホルモンが多めに分泌されます。

 一般的には、思春期にこれらの皮脂腺の働きが活発になることで、ニキビが増えるといわれています。

 12歳から17歳頃の思春期はそれまでと体の成長も変わり、女の子でも男性ホルモンが分泌されやすくなります。

 男性ホルモンの分泌が盛んになると、男性ホルモンが毛穴の中の皮脂腺を刺激し、結果皮脂が過剰に分泌されます。

 これが思春期ニキビになります。

 本来、皮脂は潤いを与え皮膚を保護する物質ですが、分泌されすぎると毛穴の角質層を厚くする原因になります。

 白ニキビは皮脂によって狭まった毛穴に脂肪が詰まることで発生するもので、白いものは脂肪分です。

 詰まった毛穴に常在菌のニキビ菌が増殖してしまうと、炎症・化膿を引き起こして赤ニキビに発展してしまいます。

 このように思春期のニキビが出来た人は、大人になれば治ると思われる場合が多いです。

 事実、思春期のニキビの大半のが、終わり頃になると、男性ホルモンのバランスが正常に戻ります。

 思春期に分泌され皮脂腺を刺激していた男性ホルモンが少なくなるので、ニキビの発生する原因も自然と取り除かれていくのです。

 ニキビにならないためには、思春期の頃は過度な化粧をせずに皮膚を清潔にしておくひとも大事です。

スポンサーサイト


2008/02/13(水) 美容健康 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://ybiyou.blog42.fc2.com/tb.php/20-e5a55101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。