スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) スポンサー広告

抜け毛の原因



髪の毛はどうして抜けるのでしょう。

 抜け毛で悩みたくはありませんよね。

 頭には同じ毛がずっとあり続けるわけではなく、古い毛が抜け新しい毛が生えてくるサイクルがあります。

 このサイクルが狂うと、結果的に毛髪の量が少なくなります。

 毛が抜けること自体は当然で、それを防ぐことはできません。

 男性は年とともに顕著に毛髪が薄くなる傾向があり、人知れず悩んでいる人もたくさんいます。

 抜け毛の原因の一つに男性ホルモンがあり、抜け毛に影響しているからだと考えられています。

 「テストステロン」という男性ホルモンは、5αリダクターゼという酵素によって「デヒドロテストステロン」という物質に変換されます。

 これが髪の成長を阻害し、髪の毛が早く抜ける原因物質として毛細胞に働きかけているのです。

 抜け毛の原因が男性ホルモンである場合、それは遺伝による体質的なものだといわれています。

 抜け毛、薄毛にはストレスも大きく関わっています。

 毛髪を作る毛細胞は血流がよくなければ新しい髪を作るための栄養が行き届かないものですが、ストレスによって全身の血流が悪くなり、髪を作るための栄養が行き届かなくなります。

 いろいろな悩みを抱えると抜け毛の悩みも抱えることになりますよ。

 そして、不規則な生活やバランスの悪い食生活をしていると、抜け毛も増えます。

 髪も体もそうですが、健康を維持するためにはバランスの良い栄養摂取が必要です。

 髪は主に夜中に成長するので、夜中にぐっすり眠ること、規則正しい生活を維持すること大事です。

 また、食生活が乱れると髪の成長に必要なたんぱく質、ミネラル、ビタミンが足りなくなります。

 抜け毛を防ぐためにも正しい食生活を習慣づけましょう。

 タバコはニコチンにより血管を収縮させるので、抜け毛を促進してしまいます。

 また、アルコール類も肝臓に負担をかけてしまい、髪の毛の栄養補給を邪魔します。

 洗髪にもコツがあります。

 頭皮に爪を立てて強く洗ったり、シャンプーを洗い流しそこねたりすると地肌が痛み、髪にとっては逆効果にもなります。

 ドライヤーもかけすぎは厳禁。

 カラーリングやパーマも気をつける必要があります。

 どうして抜け毛になるのかわかれば、対策を考えることも可能になります。

 遺伝以外は改善の余地があるはず。

 悩んでばかりいないで、解決に乗り出してみましょう。
スポンサーサイト


2008/02/20(水) 美容健康 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://ybiyou.blog42.fc2.com/tb.php/27-c3bfef7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。