スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) スポンサー広告

顔たるみの原因について



顔のたるみを作る元となっているのは、肌が乾燥することや、皮下脂肪が減少することなどです。

 肌が乾燥することは、顔のたるみを作ることにつながり、老化を早める要因にもなってしまいます。

 健康的な肌を維持する為に欠かせないエラスチンやコラーゲンは、繊維芽細胞という皮膚細胞が生産しています。

 皮膚が乾燥してしまうと、この繊維芽細胞がうまく活動しなくなってしまいます。

 美肌を作り出すために必要なエラスチンやコラーゲンが不足することは、肌がハリを失い、顔にたるみを作ってしまうことになるのです。

 顔の皮下脂肪が減少することも、顔にたるみを作ってしまう元になります。

 体の中には皮下脂肪組織の働きが弱くなる部分があり、特に目のまわりは組織の働きが変化しやすいところです。

 皮下脂肪組織の働きは年をとるとともに弱くなるので、目元のしわが深くなったり目がくぼんだりして顔のたるみが気になるようになるのはこのためです。

 加齢はもうどうすることもできませんが、乾燥しないように日ごろから対策を考えることは可能なはずです。

 美容用品などを使って顔のたるみを解消しようとしても、肌が乾燥していては、せっかくのコラーゲンもその力を発揮できず、なかなかたるみを取ることはできません。

 日常的にケアを怠らず、乾燥対策をすることが大切です。

 お風呂上りなどもすぐに充分な保湿をするなどしてしっかり肌の乾燥を防ぐようにすれば、顔のたるみもきっと解消できるでしょう。
スポンサーサイト


2008/02/22(金) 美容健康 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://ybiyou.blog42.fc2.com/tb.php/29-9d6ae004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。