スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) スポンサー広告

顔の脱毛方法



顔脱毛の方法は、色々なものがあります。

 一般的な脱毛クリームを使う方法では、体毛の成分であるケラチンクリームを使って毛を溶かすといった方法です。

 こちらの方法では、痛みを伴わず短時間で顔脱毛を済ませることができます。

 また、一旦毛を溶かすので、再び毛が生えてきても、剃った時のような不自然さはありません。

 ですが、脱毛クリームを使った方法は、顔の皮膚の表面に塗ることにより、角質層も溶かしてしまうという危険性もあるのです。

 従って、脱毛クリームによる顔脱毛は皮膚にとってリスクの大きい、刺激の強い方法です。

 顔脱毛後のツルツルした感触は、実は皮膚が溶けて滑らかになっているせいなのです。

 フェイスパックを使った脱毛方法というもうひとつの脱毛方法があります。

 この方法は粘着成分のある液状のパックを顔にピッタリ貼り付けると、肌が吸着し、パッ
クをはがす時にお肌のよごれや、黒ずんだ古い角質とともに、むだ毛やうぶ毛も除去してくれます。

 丁寧に塗りむらなどに注意しながら行わなければ、パックで思うように毛がぬけないこともありますが、脱毛と同時に古い角質除去もできます。

 脱毛テープや毛抜きで行う顔脱毛は、抜きたい部位のむだ毛を確実に抜くことができますが、肌への負担も高いので肌が柔らかく毛穴が開いている状態で行い、アフターケアをきちんとする必要があります。

 最近は、毛抜きなどの他にエピスティックと呼ばれる台湾式のコイルを利用した毛抜きも顔脱毛の道具として販売されています。

 手軽でどこでも使えるので、人気があるようです。
スポンサーサイト


2008/01/27(日) 美容健康 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://ybiyou.blog42.fc2.com/tb.php/3-92d1b1e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。