スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) スポンサー広告

顔のたるみやすい人の特徴



顔がたるみやすい人には特徴がありますが、それを紹介します。

 内臓は血流の半を作り出していますが、そのため内臓が弱いと血流が悪くなり、それが顔のたるみを作るため、内臓が弱いと顔のたるみにみつながるのです。

 内臓には食べ物の栄養素を吸収するものがありますが、そういう胃腸が弱いと栄養も吸収できず、栄養状態が悪くなるのです。

 栄養状態が悪くなると筋肉が衰えはじめ、顔のたるみにつながります。

 内臓が弱い場合は、食事の際よくかむようにすると消化もよくなって、内臓に負担がかかることもなく、筋肉も使われるので顔のたるみ解消には効果的です。

 血行が悪い人、冷え性の人も顔がたるみやすく、それは血行が悪いと血流を悪くし、それが栄養を充分に運べないことにつながるからです。

 そのため栄養状態は悪くなることになり、筋肉が衰え、顔にたるみを作ってしまいます。

 こんな冷え性や血行の悪さを解消するには、できるだけ体を温めて冷やさないようにし、適度な運動を行うといいでしょう。

 運動不足だったり、同じ姿勢で長く仕事をする人も顔にたるみを作りやすく、それは体をあまり動かさないことが血行を悪くし、筋肉の衰えにつながるからです。

 顔にあまり表情がない人も顔がたるみやすく、それを防ぐには顔の下から半分を動かすといいでしょう。

 無表情でいると口角が下に下がりやすくなりますが、これは自然の重力によるもので、顔の皮膚がたるむというわけです。

 意識的に口角をあげることで、顔のたるみは少しは解消されますし、何よりも笑顔が美しくなります。
スポンサーサイト


2008/02/23(土) 美容健康 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://ybiyou.blog42.fc2.com/tb.php/30-9defbe1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。